News

毛を抜くタイプの家庭用脱毛器は?

毛抜きで脱毛するのはお肌にとってよくないというのは、かなり浸透してきましたね。

しかし市販されている抜くタイプの脱毛器はどうだといえば、やはり良くありません。

少し前の製品は毛嚢炎や埋没毛が大量にできてしまったということで、ネットなどでも「良くないよ」という話になっていました。

若干の改良があったのでしょうが、それでも基本的な仕様には変わりません。

毛嚢炎や埋没毛は出来てしまいます。

褻を抜くという行為は結局引っ張るので、発毛組織などを肌下にまで寄せてしまいます。

毛を抜く脱毛処理をしていると毛穴が鳥肌のようになるのは、毛嚢炎になって腫れていることもありますが、引っ張っていることで組織が上に上がってきているということもあるんですよ。

一瞬で抜くワックス脱毛よりも、ずっと負担が大きくなってしまいます。

もちろんアフターケアを怠れば、汚くなってしまいます。

毛穴が汚くなってしまうのは、肌に負担をかけなくすればキレイな肌に戻ってゆきます。

光脱毛で脱毛処理をして、その後肌に負担をかけないようにしながら、お肌のケアを続けていればだんだんと肌状態は戻ります。

ずっと抜く、剃るといった処理を続けていれば、アフターケアが万全でそれ以上悪くなることがなかったとしても、よくなることは考え辛いですね。

それだけお肌はストレスを感じ続けるのです。

もちろん光脱毛も、その施術を受けたときには肌にストレスを与えています。

しかしムダ毛処理による肌荒れというのは、処理の回数を減らることが一番の改善法なのです。

光脱毛で脱毛を完了させた後は、絶対的にムダ毛処理の回数が激減する、もしくは必要なくなるという状態ですよね。

これが肌には一番いい状態です。

家庭用脱毛器も脱毛処理の回数が多いものであれば、それなりに肌に負担を与えているということを加味し、その中でも一番安全性が高いものは電気シェーバーだといわれています。

肌の負担を軽減することに留意している製品作りが成されています。

光脱毛が選択肢にないときには、電気シェーバーによるムダ毛処理がオススメ。

抜くタイプは避けたほうが無難です。

ただし毎日のように処理しなければならず、アフターケアも怠ってはいけないなどを考えると、めんどくさすぎですね。