News

眉の描き方を変えたら顔の印象が変わりました。

パウダーアイブロウというものが販売されていたこと・・・つい先日知った私です。

それまではずっと眉はペンシルで当たり前のように描いていたのですが、あまり上手に描けないのが悩みでした。

上手に出来ないといかにも「描いてます」と言わんばかりの眉になったり、細すぎたり・・・となかなか上手に描けません。

そこで、パウダーアイブロウを使ってみたのですが・・・これ、いいですよ。

私のように「上手に描けない」と思っていらっしゃる方には、ぜひお勧めの一品です。

そこで私が購入したのはケイトのデザイニングアイブロウNです。

ネットやお店でも「これはいい」と大評判だったので、それに釣られて購入です。

これは鼻筋に使うノーズシャドウまでついて。金額は1000円ちょっと。

これはお買い得ですよね。

パウダーアイブロウを購入してみると分るのですが、パレットに2種類から3種類の色がセットになっています。

この3色を上手に使ってまゆ毛を仕上げることで、ただ描き足すだけの平面的なまゆ毛から、立体的なまゆ毛になるんだそうですよ。

確かに描くだけだとペタッとしたまゆ毛になりますからね。

実際に使ってみると、明るい色を眉頭に、濃い色を眉尻に塗り全体をぼかしていくと、自然な色合いになるそうです。

また、眉頭を明るい色にすることで顔全体の印象が明るくなるんだそうですよ。

たかが眉、されど眉ですね。

私はこのアイブロウに変えてから、周囲から好評なのにビックリしました。

家族は「今までまゆ毛が濃くて怖いこともあったけど、今のは自然でいいね」と。

上手に描けないと「濃くて怖い」という印象を周囲に与えていたみたいです。

また、まゆ毛を自然に描けるようになったことで「優しい感じがする」って言われました。

自分の顔の印象が怖いという印象がある方は眉を描く物、そのものを変えてみてもいいかも、ですね。

私がお勧めな使い方は、アイブロウだけではなくて「アイシャドウ」として使うのもアリですよ。

派手すぎず落ち着いた色なのでまぶたのギリギリにアイライン的に使うのもお勧めです。

私はあまりバシッとラインを引いてもあまり見た目には変わりがないので、アイブロウパウダーを太めに使って目をパッチリ見せるようにしています。

1000円でこんなに顔の印象が変わるんですから、本当にお勧めです。