News

就活で脱毛は必要?【1】

大学生でローンを組んでまで脱毛する必要が有るのか?と悩むのは、女性よりも男性のほうが多いでしょう。

ムダ毛が気になっているものの、月々1万円などの支払いを負って脱毛をするのが納得できないかもしれませんね。

ただ「脱毛しようかな」と一瞬でも思ったという原因には「ムダ毛のせいで女子にモテないかも」という思いがあったのではないでしょうか。

たしかに男性のムダ毛は女性にウケが悪いものです。

特に胸毛は嫌がられるナンバーワンですし、あまりに自然体のアンダーヘアや腹毛に繋がっているもの、吹き出しているようなワキ毛は自分でも「あんまりだな」と感じたのでしょう。

そのような女子ウケを考えてもムダ毛のお手入れは不可欠。

しかし大学生にはもっと大きな問題がありますよね。就活です。

毛深いことで相手に与える印象が、残念ながら男性でも女性でも悪くなります。

脱毛をしているから印象が良くなるというものではないのですが、毛深さがウイークポイントにはなるんですよね。

特に背広を着ても目立つようなヒゲの部分や手の甲から腕にかけてというのは、面接でも見られてしまいます。

ヒゲの手入れをしていても、そのために肌がボロボロになっていたり、青々としていればマイナスポイントになると思います。

同じぐらいのスペックのライバルが居たとして、お互い合否がボーダーラインだったとすれば、外見に清潔感がある方を面接官が選んだとしても、当たり前の話ですよね。

世の中のお客さんが自分の会社の営業マンをどの様にみるのかというのを、第一に考えると思います。

手というのは男性のとって、特に営業職であれば商売道具です。

お客様の目に触れることも多いですよね。

またヒゲなどは顔にあるものですから、第一印象を左右します。

就活が始まる前に、手のムダ毛処理とヒゲの減毛を行う人が増えているのはこういった理由です。

また会社に入ってから脱毛を始めると「脱毛してるんだ?」と噂になるのが嫌だという気持ちも働きます。

となるとしたくてもできなくなってしまいます。

大学時代であればなんてないことも、会社の生活は毎日で65才までひとつのところで続いてしまうこともあるのです。

脱毛のタイミングが難しくなってしまいますよね。