News

ワキの黒ずみを取りたい【4】

長年のワキ毛処理が肌に負担をかけてしまい、黒ずみになってしまうということはよくあることです。

また制汗剤を多用すると、黒ずみや多毛の原因になってしまいます。

この彼から「ワキ黒くね?」と言われて悩んでしまっている女子大生も、カミソリでワキ毛は処理していましたし、制汗剤もバンバン使っていたようですね。

これでは黒くなってしまって当たり前です。

いくら黒ずみが解消されるように、あの手この手を使っても、ムダ毛を自分で処理することを続けていれば、黒ずみは解消されません。

まず自分で処理をしなくて済むような状態にすることが、一番の解消方法なのですよ。

そうすることで黒ずみを解消させるために行っている努力が、ようやく成果を表せるような状態になるということです。

レーザー脱毛をしたりフラッシュ脱毛などを行っても、黒ずみが解消されることはありません。

時々「薄くなった」という人もいますが、これは偶然の副産物程度に期待出来ること。

あまり過度に期待を寄せても、個人差があります。

「薄くなったという人がいるよ」ぐらいに受け止めておかないと、がっかりしてしまう結果になります。

たしかに薄くなったら嬉しいですけどね!

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で脱毛処理を行ったときでも、継続して黒ずみを解消するためのケアは継続しましょう。

ただし脱毛の施術を行った直後などは、ピーリング効果が期待できるものは行ってはいけません。

保湿やターンオーバーを優しく促す方法が、適切だと考えられます。

保湿を重点的に考えたほうが、余計な負担を肌にかけることがありません。

バイオイルや豆乳ローションなどが、お肌には極力優しいものになりますよ。

手作りの豆乳ローションに勝るものはないとよく聞きますが、手作りするのも面倒だという人は、「豆乳ローション」というものが市販されていますので、そちらを使っては?

大豆イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをするので、肌の弾力を復活させたりターンオーバーを促したりという効果が現れます。

また減毛にも効果的だとされています。

刺激が少ないモノが多いので、光脱毛処理の施術を受けたあとに継続して行うケアには向いているローションです。