News

ワキガの対策にワキのムダ毛処理は有効?

ワキのレーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行うと、ワキガが軽減したということがあります。

それは脱毛するために照射したことで、アポクリン汗腺に何らかの作用があったということもありますが、毛がなくなったことでニオイが拡散しにくくなったということがあると思います。

しかし男性であればワキの毛をすっかりなくしてしまうということにな抵抗があるかもしれませんね。

水泳の人は「水の抵抗をなくすため」、体操の人は「人目に晒すことが多いから」といった、何となく理由が言えますが一般人は「見た目を気にしている」以外、他人さんに考えてもらえないかもしれませんね。

そうなると「小っ恥ずかしくてワキの脱毛なんか出来ない」と考える男性は多いでしょう。

年をとればとるほど、なかなか挑戦できなくなるでしょう。

ジャニーズのワキ毛はどうなのだ?とおもって気をつけてみると、全除去はないようですね。

ある程度は残しているようです。ただ爆発させている人もいない。

お手入れはしているけど、ツルツルにはしない程度で世の中には受け入れてもらえると考えていいでしょう。

女性はちょっとでも許されませんが。。。

明らかにワキガというときには、ワキガをターゲットにした施術を受けるのが一番有効です。

しかし「ワキガというほどかどうかは解らないけど匂う」程度の時には、まずワキ毛のお手入れを行ってみましょう。

ワキ毛がモッサモサでは制汗剤を塗ったり重曹でケアをしても、ターゲットにまで届かない時があります。

なのでカットして長さを整えるなどはするべきです。

そうすることでファサファサと臭いを拡散させることも軽減できます。

そして柿渋石鹸などで臭いの対策ができる石鹸などを使うとかなり臭いは軽くなります。

またフラッシュ脱毛などで減毛してしまうのも有効です。

見た目も清潔感がありますし、臭いも軽減します。

夏の前後はかなりニオイが強めになります。

3シーズンは臭いを気にしなければならないのですから、ほとんど年がら年中という感じですよね。

毛だけでも処理しておくと、人が感じる度合いが違ってきます。

また臭いの原因は菌の繁殖だったりするので、毛が少なければ菌の繁殖にも影響するんですよ。

少なければそれだけ菌も居心地が悪くなります。